葬儀後にしなければならない事

PR | 有田焼の骨壷ご紹介
葬儀後にしなければならない事はいくつかあります。
まず大切になるのがお世話になった方への挨拶や引継ぎに関してです。
挨拶はそのままの意味になりますが、引き継ぎは葬儀での世話役や受付といった事務的な引継ぎになりまして会葬者名簿、現金出納帳、香典帳、供花供物帳、弔電、香典といったものを受け取り、立て替えがあったかどうかを聞き清算をします。
葬儀に掛かった経費を計算するのに必要な事になり、名簿をチェックして返礼品等も必要になるので大事な作業です。

そして葬儀の翌日からは関係者や参列者に挨拶回りをする必要があり、葬儀社に対しても支払いをしましょう。
それ以外の葬儀後の事に関しては名義変更や相続の手続きなどさまざまな事が待っています。

お香典をいただいたお礼として品物を贈ることを香典返しと言いますが、いつ贈れば良いか迷う人も少なくありません。大切な法要に来ていただいた方々に感謝の気持ちを伝えるためのもので、一般的にはいただいた額の3割から半返しとなります。タイミングとしては忌明け、つまり亡くなった日から数えて49日の忌明け法要後に手渡すのが常識となっています。しかし、近年ではすぐに来られない遠方の親戚なども少なくないため、法要後の1ヶ月以内に挨拶状を添えて送ると問題はありません。また、地域によっては集まることが困難な状況から、葬儀の当日にいただいた額に関係なくまとめてお返しをするところもあるようです。昔ほど決まりに厳しいものではないので、故人の地域性や親戚などの状況から考えるのが良いかもしれません。

<PR> 生命保険の口コミ.COM / SEOアクセスアップ相互リンク集 / マッサージのリアル口コミ.com / クレジットカードの即日発行じゃけん / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の選び方 / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 英語上達の秘訣 / 女性の人生 / ショッピングカート / 初値予想 / 心の童話