最近の葬儀の傾向

古くからの付き合いがある地域や、農村地帯などでは昔は近隣の住民が集まって葬儀を執り行うスタイルが一般的でしたが、それも徐々に時代の変化とともに変わり、最近では葬儀場で行われることが増えてきました。

近隣住民が集まって料理や場所を住居内で準備するよりは、料金を支払って近所の葬儀社を手配したほうが手間もかからず滞りなく行うことができるといった風潮があり、また現代人が昔より多忙になったことも相まって自宅で行われる式は減少しつつあります。

最近の葬儀の傾向としては、家族葬を選択する方が増加傾向にあります。
これは核家族化の影響や予算の都合もありますが、家族や親せきなどで温かく見送りたいという風潮の現れとも言われています。

また、生前に自分の葬儀についての相談をできるシステムも確立されており、死後身内が戸惑うことの無いよう、また自分の好みのスタイルで式を行うために事前に相談をして、式の流れを決めておくスタイルも流行しつつあります。