葬儀後の挨拶等について。

葬儀後にはできるだけ早期に当該儀式でお世話になった人達に喪主がお礼の挨拶をした方が良いです。弔電・供物を頂いた人達にはお礼状を出すと良いです。当該儀式の際に故人の友人や隣近所の人に案内や受付等で助けてもらった場合にはできるだけ1週間以内に挨拶に伺った方が良いです。その際に菓子折り等を持参した方が良い場合もあります。当該儀式の際に弔電・供物を頂いた人には直接お礼に伺う必要は原則ありません。しかし、その際にお礼状を出すのが一般的です。香典を頂いた人には当該儀式当日に「会葬礼状」を渡しているので挨拶に伺う必要は原則ありません。お礼状の内容は付き合いの程度や供花・供物によって決めるのが一般的です。遠方の人や特に高価な供花・供物をしてもらった人には、お礼状に加えてお礼の品も一緒に送る場合もあります。また、特に感謝の意を示したい場合には、お礼状やお礼品を直接持参する事もあります。これらの事は故人の住んでいる地域によって違います。