喪主が葬儀で行うこと

喪主は遺族の中で故人の遺志を引き継いで葬儀後も故人の供養を中心になって行っていきます。喪主は遅くても通夜の前までに決める必要があります。喪主の役割は重要で、基本的には誰が喪主になっても大丈夫ですが、基本的には配偶者、配偶者が亡くなっている場合には長男や長女、同居していた子供や友人という優先順位になっています。故人が未成年の場合には親または兄弟が喪主になることもあります。最近では男女わけなく故人と一番近い人が喪主を務めることが増えています。喪主の役割は故人に変わって葬儀を主催して弔問を受けます。雑用はあまりせずに、故人に付き添います。弔問のときには丁寧にかつ簡潔に対応します。葬儀にて挨拶を行い、終わったら事務作業やお礼、挨拶回り、各種手続きを行います。通常喪主と施主を兼任することが多いですが、施主はお布施をする人という喪主をサポートする役割があります。現在は区別されることはないですが、施主は葬儀の費用を負担して葬式を運営する責任者となります。
PR | 人気の介護シューズはこちら