知っておきたい葬儀後の香典返し

葬儀には多くの参列者が詰めかけてくれます。わざわざ足を運んでもらった上に、香典まで頂戴したのであれば、きちんとお返しするのが人としてのマナーです。また、香典返しには様々なルールがありますから、今後の付き合いのためにも、きちんと認識しておくことが重要です。
葬儀の参列者への香典返しは、半返しといって、およそ半額の品物を送るのが一般的です。よほど高価なものでもない限り、半値を上回っても下回っても、失礼になってしまいます。また、葬儀当日に返礼品を渡している場合には、その差額分を目安として、香典返しを行うようにしましょう。
品物は、日用品やお茶などの飲食物がベターです。とくに、団体や企業に香典返しを行う場合は、みんなで分け合えるお菓子やコーヒーなどにしたほうが、お互いに余計な気を遣わないで済みます。いずれにせよ、葬儀会社の担当者ともよく話し合い、早めに準備しておくのが適切です。四十九日法要が終わったら、参列者の方々に真心のお返しを贈っていきましょう。

PR | 藍染骨壷の価格はこちら