葬儀後のお盆について

故人の葬儀が完了した後、最初に訪れるお盆を特別に新盆もしくは初盆と言います。厳密には四十九日法要を終えてから最初に迎える「お盆」が相当し、言葉自体は仏教用語の一つ「盂蘭盆」から来ており、時期は地域によって異なります。お盆は先祖の霊を祀ることを目的とした、日本全国で見られる伝統的な風習の一つです。
7月15日前後に行う地域と、8月15日前後に行う地域の二種類が存在します。お盆を7月に行うのは沖縄や北海道南西部のほか、東京や横浜、静岡などごく一部の地域に限られ、全国的には8月が一般的です。時期が異なる理由には諸説ありますが、8月15日前後がその地域の繁忙期と重なったり、それ以上に優先すべき行事や習わしが歴史的に存在した場合に、お盆を7月にずらした地域が多いとされています。
お盆時期には精霊棚をしつらえ飾り付けをしお供えをしますが、細部は地域によって異なります。但し、浄土真宗など一部の宗派では精霊棚や精霊馬は特に作らず、先祖供養のみが行われています。