葬式が終わった後のお金

葬式が終わったら、病院、葬儀社、僧侶への支払いを行います。
病院は故人が入院していた場合に医療費を支払い、長期入院だった場合には医師や看護師に対してお礼の菓子折りを持参することもあります。病院によってはお礼は受け取れない規則になっていることもありますが、形として持参していくといいでしょう。
葬儀社へは、葬式が終わった後に請求書が届くので、見積書と比較して変更点がないかどうか確認してから支払いましょう、明細書がないと詳細が確認できないので、請求しましょう。
業者によっては明細書を出さずに料金を上乗せしていることもあるので、注意が必要です。
僧侶へは、葬儀後にまとめて渡すのが一般的です。金額は特に決められていません。いくらなのかわからなくて不安なときには、事前に僧侶に訪ねるか、葬儀社にだいたいの値段を聞いてみるといいです。
ちなみに、キリスト教の葬式の場合は教会への献金になるので、金額は自由です。
お車代を交通費として払うこともあります。