葬儀の言葉の正しい意味とは

人が亡くなるとお葬式が執り行われます。仏教式のお葬式(仏式葬)では通夜と告別式が行われます。一般的に、通夜または告別式、あるいはこれら両方の儀式が「葬儀」と呼ばれることがあります。通夜や告別式の案内状にも“葬儀の案内”が記載されています。このため、葬儀という表現は通夜と告別式だけを指す用語であると考えている人が多いのですが、この単語はお葬式に含まれる個々の儀式を全て指す表現なのです。
日本で一般的に行われている仏式葬では、通夜や告別式以外の儀式も行われます。臨終後に遺体が安置所に搬送され、湯灌の後に納棺が行われます。湯灌や納棺は単なる作業ではなく、それぞれ湯灌式・納棺式という儀式です。通夜と告別式の終了後に棺が火葬場に運ばれてから、火葬が行われます。火葬も作業ではなく、火葬式と呼ばれる儀式です。火葬の前にお坊さんの読経の後に焼香が行われ、遺族が故人と最後のお別れをします。火葬後は遺族の手により遺骨を骨壺に納めます。火葬式とは、火葬前後の一連の行為を含む儀式です。
葬儀の正しい意味とは、湯灌式から骨壺に遺骨を納める火葬式までの儀式の事を指しているのです。