葬儀前後にしなければいけない手続きとは

親族の方が亡くなったときは、葬儀前後に速やかに行わなければならない様々な手続きがあります。
葬儀前には、医師から死亡診断書を受け取り、7日以内に市区町村へ死亡届と火葬埋葬許可証交付申請をしなければなりません。
葬儀後にはもっとたくさんの手続きが待っています。
すぐに手続きしなければいけないものとしては、10日以内に年金受給権者死亡届(国民年金は14日以内)、14日以内に世帯主変更届や国民健康保険の脱退手続きなどがあります。
また、相続関連で3ヶ月以内に相続の放棄または限定承認、4ヶ月以内に準確定申告、10か月以内に相続税の申告・納税の手続きがあります。相続確定後には各種名義変更を速やかに行わなければなりません。
補助金や給付金の請求も2年から5年以内という期限があり、期限をすぎると権利を失ってしまうので注意が必要です。
また、期限はありませんが、パスポート、携帯電話、運転免許証、クレジットカードなど利用しなくなったものの手続きも早めにしたほうが良いでしょう。
これらの手続きは故人によって異なりますので、チェックリストなどを作って漏れのないようにすることが大切です。

PR | 福祉用具についてはこちら