妻が夫の葬儀の喪主を行うメリットとデメリット

妻が夫の葬儀の喪主を行うと子供が褒める、親族が助けてくれるなどのメリットが期待できます。子供がまだ小さいと、喪主をしている妻の姿は、勇ましいだけでなくとても頼もしく見えるはずです。そのため、すごいと褒めてくれる可能性が高いです。褒められた時は、悪い気分ではないはずなので、子供の頭を撫でてあげるといいです。また、女性が喪主をしていると、自然と協力したくなるのが人情です。なので、妻が葬儀の席で困った時は、助け舟を出してくれます。その時は、葬儀が終わった後に、先程は有難うございましたとお礼を言うと好感を持たれます。
デメリットはスピーチで失敗することがある、疲労が溜まるなどです。スピーチの時は言葉が出なくて、無言のままの状態になる場合があります。夫と過ごした時のことを軽く話せば済むので、特に難しいことではありません。また、喪主をしていると気疲れしやすいので、夜は普段よりも早めに就寝すると対策につながります。